AIが広告画像・クリエイティブを分析し最適解へ導く

Creative Analyticsは、弊社の保有する膨大な画像データからVisual Recognition機能によってデータ要素を自動抽出し、広告効果と掛け合わせて分析します。クリエイティブ分析を軸にしたプロモーションの事前リサーチから、効果分析、そして改善までを一貫して行うためのマーケティングツールです。

BENEFIT

画像分析でクリエイティブを科学する

デジタルマーケティングの
ブラックボックスだった「画像」を
AIに学習させた
マーケティングツールです。

  • 広告主企業 様
    制作コストの削減や時間短縮に
    AIがどんな広告クリエイティブ効果あるか提示するため、無駄な制作が減り時間短縮できます。クリエイティブ毎に広告効果がわかり、結果的に無駄な広告費も削減可能になります。
    簡易リサーチによる戦略
    事前に広告効果予測やリーチ数がわかりプロモーション戦略が立てやすいくなります。
    AIによる新たなKPIを
    使ったマーケティング活動が可能に
    多角的な視点での分析から、継続的なPDCA改善が容易に実施できます。
  • クリエイティブ制作会社 様
    効率的な運用
    効果予測により広告主や依頼主と「個人の主観」によらないクリエイティブ制作進行が可能になります。
    ランディングページや
    組み合わせの提案
    AIからの効果予測や提示をもとに、集客ページの構成やデザインの提案ができ、根拠のある提案が作りやすくなります。

SAMPLE

分析・効果検証のレポートサンプル

画像分析データ×結果分析データ

ビジュアル分析と広告効果分析データを掛け合わせた効果検証結果のレポートサンプル画面です。 下記のようなデータを掛け合わせて効果予測や検証を実施します。

クリエイティブ分析による プロモーション予測と改善

Creative Analyticsが配信前に効果予測し、改善案を提示します。

新たなKPI指標でビジュアルの改善が可能に

バナーを管理画面に登録すると、配信前にインプレッションやクリック数、コンバージョン率といった効果の予測が表示されます。本来一定期間バナーを掲載しないと結果が得られない複数案のABテストも、Creative Analyticsなら配信前から可能です。
メディアAを管理画面に登録
メディアAの効果予測
  • ・予測表示回数 100,000
  • ・予測クリック数 10,000
  • ・予測成約率 2.5%
推奨するテキスト情報「金額情報」を入れた場合
  • ・予測クリック数 30%向上
  • ・予測成約率 20%向上
推奨する「色バリエーション」
  • ・赤 10%向上
  • ・ライトブルー 10%向上

※ 精度は製品内容などにも関連。本広告バナーはあくまでサンプルです。本バナーの結果ではありません。

FUNCTION

主な機能

  • Label分析
    バナーに表示されている画像の内容やテキストなど構成要素を分析し、自動で「美容、健康食品、旅行、風景、場所、人物」などカテゴライズし、広告表示先との関連性やマッチング率を高めます。
  • 色彩構成比率分析
    バナークリエイティブの配色や彩度を分析しデータ化。色の組み合わせ比率を色相環で表現、そのうち、広告効果の向上する組み合わせをAIが提示します。
  • フォーカスポイント分析
    例えば、人であれば、年齢、性別、表情、感情、動きなど、風景であれば具体的な場所や建物名など、バナー内に表示された画像要素にフォーカスしてデータ化します。
  • テキスト分析
    画像内における企業ロゴや、メッセージ、フォントサイズ(バナーにしめる割合・比率)など、テキスト情報にフォーカスしてデータ化します。