AI Cloud Creative Analytics
AIによる広告クリエイティブ分析で、データに裏打ちされた成果につなげます

Creative Analyticsの特徴

Creative Analyticsにより、広告成果に貢献したバナー画像内の構成要素を自動で分析いたします。

広告成果に貢献した画像構成要素や傾向を数値化することで、従来ブラックボックスであったクリエイティブ要素の成果を可視化します。



  • AIによる画像分析(構成要素)

    画像データの解析を実施し、その画像の色とその比率、テキスト、ロケーション、人物や表情などの情報をデータ化します。


  • 過去の広告運用データからの傾向分析

    解析したデータと過去の広告効果データを分析し、もっともクリックに貢献した要因・傾向を探り出します。


  • 広告効果予測

    効果を向上させる「色、比率、要素」の組み合わせを反映したバナークリエイティブを管理画面に登録すると、その広告効果の予測や反映前との比較を提示します。

Creative Analyticsの主な機能

膨大な広告配信画像やデータをAIを用いて機械学習し、クリエイティブの改善提案や、効果の高い配信先を選定し自動で広告効果の最適化を行います。



  • Label分析

    バナーに表示されている画像の内容やテキストなど構成要素を分析し、自動で「美容、健康食品、旅行、風景、場所、人物」などカテゴライズし、広告表示先との関連性やマッチング率を高めます。


  • 色彩構成比率分析

    バナークリエイティブの配色や彩度を分析しデータ化。色の組み合わせ比率を色相環で表現、そのうち、広告効果の向上する組み合わせをAIが提示します。


  • フォーカスポイント分析

    例えば、人であれば、年齢、性別、表情、感情、動きなど、風景であれば具体的な場所や建物名など、バナー内に表示された画像要素にフォーカスしてデータ化します。


  • テキスト分析

    画像内における企業ロゴや、メッセージ、フォントサイズ(バナーにしめる割合・比率)など、テキスト情報にフォーカスしてデータ化します。

AI Cloud 活用セミナーのご案内

Creative Analyticsリリースに合わせセミナーを実施いたします。当製品の画像構成分析を実分析データをご覧いただきながら、今製品が求められる市場背景やプロダクトの利用方法や事例をご説明いたします。
(当日は質疑・個別相談の時間もございます。※希望者のみ)


主催:株式会社ディマージシェア
セミナー担当:青嶋 志田
セミナー会場:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-5-10 教販九段ビル6F
会場MAP:https://www.dimage.co.jp/access.html
  • 広告代理店様向け

    2017/9/27(水)
    • 16:00 開場・受付
    • 16:15 セミナー開始
    • 17:45 セミナー終了
    お問い合わせ・お申込み
  • 広告主様、クリエイティブ制作会社様向け

    2017/10/4(水)
    • 16:00 開場・受付
    • 16:15 セミナー開始
    • 17:45 セミナー終了
    お問い合わせ・お申込み
  • メディア運用企業様向け

    2017/10/11(水)
    • 16:00 開場・受付
    • 16:15 セミナー開始
    • 17:45 セミナー終了
    お問い合わせ・お申込み

資料請求・お問い合わせフォーム

ご不明点は下記フォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。
ご連絡先:03-5210-0120