ユーザーひとりひとりの流入・行動分析から
動的にレコメンドを表示する
『コンテンツレコメンド』ツール

メディアへの流入経路と、コンテンツの閲覧経路、閲覧ページや滞在時間などの サイト内アクションのデータを一貫して分析することで、一人一人のユーザーに対して 最適なコンテンツをオファーするWEBメディア向け「コンテンツレコメンドツール」です。

BENEFIT

ユーザー単位でのコンテンツレコメンドで、回遊率や滞在時間の向上を実現する

関心の高いコンテンツに多く接触してもらうことが
メディアにおける収益向上のカギ

メディアに求められるのは
「多くの人に見てもらい、情報の魅力を感じてもらい、収益を発生させる」こと

メディアから収益を発生させるには、集客に注力するだけでも良質なコンテンツを多く発信するだけでも十分ではありません。
一人のユーザーがたくさんのコンテンツに触れることも大切な収益化のための要素です。

関心の高いコンテンツに多く接触してもらうことが
メディアにおける収益向上のカギ

CMSデフォルトの関連記事表示や
新着記事表示は十分な”レコメンド”ではありません。

どのユーザーにも同一の「人気記事」を表示したり、同じカテゴリーの記事を表示するだけでは
ユーザーに対し関心のありそうなコンテンツを勧めること=本当のレコメンドが実現できているとは言えません。

単に同一カテゴリ内の関連記事を表示

いつまでも同一テーマのコンテンツばかりで、ユーザーはいずれ飽きて離脱します。

ユーザーの関心のありそうな記事をリアルタイムにレコメンド

記事カテゴリーに限定せず次々に関心のあるコンテンツへと遷移し離脱しません。

Recomadeはユーザー分析に基づいた
「コンテンツレコメンドツール」です。

メディアへの流入経路と、コンテンツの閲覧経路、閲覧ページや滞在時間などの
サイト内アクションのデータを一貫して分析することで、一人一人のユーザーに対して
最適なコンテンツをオファーするWEBメディア向け「コンテンツレコメンドツール」です。

ユーザーの流入・アクション分析

ユーザーごとの「シナリオ」設計

ユーザーごとに最適なコンテンツを提示する

従来のコンテンツ間の導線設計は、人の手による分析と主導の実装作業が必要でした。
Recomadeなら条件を設定するだけで簡単に、かつ動的に導線を設置することが可能です。

Recomadeによるレコメンドイメージ

サイドメニューのバナーの訴求をユーザーのサイト内行動に合わせて変更

サイト内の特集ページへの導線バナーをユーザーのページ遷移情報から動的に出し分け
より関心のあるコンテンツへと誘導し、回遊率を向上させます。

トップページのカルーセルメニューの順番を検索キーワードごとに変更

トップページのカルーセルで表示される特集の順番を検索キーワードごとに入れ替え。
1枚目のスライドに常にユーザーが求めるであろうコンテンツを表示することで、回遊率を向上させます。

FUNCTION

主な機能

  • 個々人のユーザに向けたシナリオ設計
    広告のクリック数やサイトへの来訪回数、平均滞在時間や検索回数などをユーザ単位で測定。細かな条件分け・シナリオ設計が可能なのでユーザごとの最適なレコメンドを実現することができます。
  • 統合レポート
    サイト外部の流入経路情報からサイト内の行動データまでを一元管理。従来複数の管理画面で管理・抽出していたデータを一つの管理画面で処理できるので大幅な工数の削減が可能です。
  • DFPでのターゲティング精度向上
    通常ページの内容やリターゲティングに左右されて必ずしもユーザーの「今」と一致しないDFPによる配信を、よりコンテンツにマッチさせることが可能です。