アフィリエイトのソケット通信とキックバック

アフィリエイトの『ソケット通信』『キックバック』を簡単に言うと

アフィリエイト広告の配信・計測では、複数のASP間でのシステム連携が必要なことがあります。

こうしたアフィリエイトのシステム間連携では「ソケット通信」が用いられています。『ソケット通信』は一般的にインターネット通信におけるTCP/IP通信を指していますが、アフィリエイト広告における『ソケット通信』は、誤解を恐れず言えばリンク先のURLにパラメータとしてIDを付与し、異なるシステム間でデータをやりとりすることを指しているとお考え下さい。

このIDのやりとりによって、アフィリエイト広告は複数のASP(=異なるシステム)を介しても、どのユーザーがコンバージョンして、どれだけの売上が発生したかを計測することができるようになっています。

またコンバージョン発生時に、広告主側にあるシステムからメディア側にあるシステムにこうした計測データを返却することを『キックバック』と呼びます。

※『キックバック』は『ポイントバック』あるいは『ポイントバック』と呼称されることもあります。

『ソケット通信』による『キックバック』の具体例

例えば、以下図の左側のような化粧品のアフィリエイト広告の貼られたメディアを想定してみます。 メディア上に設置されているアフィリエイト広告の成果は、商品の購入とします。

アフィリエイト広告クリック時の処理

やや込み入った図ですが、通信としては以下①~④の4つです。

1. ユーザーが広告をクリックするとASP①のシステムにリダイレクト、メディア側システム上で当該のセッションを識別する一意のID(ID【1】ABC)を付与。

2. そのままASP②のシステムに転送され、今度はアフィリエイトシステム側で当該セッションを識別するための一意のID(ID【2】123)を付与し、広告主サイトのランディングページに転送。

3. コンバージョンが発生するとASP②のシステムに通信し、成果を発生させたID【2】がこのアフィリエイトシステム上で発行されたものであることを照会する。

4. ASP①のシステムと通信し、広告クリック時に発行したID【1】を照会

1~2は、ユーザーが広告をクリックした際にIDを発行したり、記録するための通信です。 アフィリエイト広告がクリックされると、ユーザーはアフィリエイトシステム①(ASP①)に一瞬転送され、このタイミングで① 一意のID(ここではID【1】ABC)が付与されます。このIDが、ASP①を経由したという記録です。

同様にアフィリエイトシステム②(ASP②)を通過した際には、ASP①で「ID【1】ABC」と記録されているセッションに対し「ID【2】123」というIDを付与、システム上に記録して最終的なランディングページまで転送します。

続く3~4は、コンバージョンについての情報をASP(やメディア)に通知するための通信です。まずアフィリエイトシステム②に対して、ID【2】でコンバージョンが発生したことを通知し、そのIDが実際にアフィリエイトシステム②により発行されたものかを照会します。この時点でASP②を経由したセッションによるコンバージョンであることが確認できたので、今度はアフィリエイトシステム②からアフィリエイトシステム①(ASP①)への通信が行われます。

ASP②のID【2】123ASP①ではID【1】ABC に相当するセッションでコンバージョンが発生しました、という通知です。

これを受けてアフィリエイトシステム①内でも、ID【1】ABC が実際にアフィリエイトシステム①内で発生したものかを照会します。 ここまですべて問題なくデータの整合が確認できてやっと各ASPを通過したコンバージョンだと判定することができ、それぞれの報酬や支払いを集計することが可能になります。

複数のASP(つまりそれらが保有している複数のアフィリエイトシステム)を介した広告がクリックされると、それぞれに固有のIDをバトンのように渡しながらぐるっと戻ってくる…というイメージです。 アフィリエイト広告において特に「キックバック」と呼ばれるのは、このIDを返している部分の通信です。

実際にはCV発生時間や商品の売上・報酬その他の情報もセッションIDと併せて通信することもありますし、必ずしも経由するシステムがASPのものとは限らず、メディア・広告主が保有しているシステムの場合もあります。

このようなソケット通信によるキックバックは、アフィリエイト広告のほかに、Webサービスで広告を見ることによって会員にポイントが貯まる「ポイントサイト」のポイント付与の仕組みや、スマホアプリの「リワード広告」もほぼ同じ仕組みになっています。

アフィリエイトについての参考記事

お気軽にお問い合わせください

資料のご請求、製品についてのお問い合わせはこちらから。

お電話でのご相談もお気軽にお寄せください。
(受付時間:平日10:00~18:00)